あるがままの自分を受け入れると

「あるがままの自分」の反意語とは、なんでしょうか?

背伸びした自分、取り繕った自分、違う自分になろうとしている・・・

あれ、なんかわたしに全部あてはまってるような。。。笑

個性を伸ばす

いっぱんに個性を伸ばすことが、大事とは言われてますけど、個性って何でしょうか?

もって生まれた才能は何?

本質は?

ワクワクすること?

 

こういうことを考えても、やっぱり分からなかったという方は、結局あるがままの自分を受け入れられていないということかもしれません。

 

では、あるがままを受け入れるとは?

長所はいわずもがな

昔から簡単にうまくできてしまうことや得意なことは、認めやすいし受け入れやすいことでしょう。

 

短所はどうする?

目を瞑って、なかったことにするのでもなく、

長所があるからいいもんね!と必死に自分を慰めるでもなく、

短所も自分の愛おしい一部だと感じられるようだと、自己肯定感は最強になります。

自分が気にしていること、口に出して言ってみてください。

「わたしは馬鹿で、ブスで、メンヘラだ!」

胸がキュッとなったり、辛くなったら、それはまだ自分のことを責めている傾向がある証かもしれませんよ。

逆に、なんともない方は、強くなってます。

たとえば、

「わたしは、スマートで、こんなに可愛くて、メンタルも落ち着いているもんね!」

と自分で自分のことを褒めるのも自己肯定感を上げるのには良いのですが、

次のステップの確認として、おもいっきり自分を責めてみてください。

あほでも、ぶさいくでも、そんな私が好きだわ〜

こうなったら、最強ですよね。

何がきても怖くないし、自分を肯定できているから何でもできるようになります。

 

あるがままの自分で、何にでもトライできて、何にでもなれてしまいます。

 

生きる喜びが湧き、日々が充実して、日常の小さな事が愛おしくてありがたくて・・・

とこんな感じになりましょう。

あるがままって、一番の幸運体質なんですよ。

体にも力が入るし、病気にはなりにくいし、判断力は冴えているから良い方ばかりを選択できて、すいすい流れにのっていけます。

 

そんな人が、どんどん増えていく未来が創造されるのを想像すると、ワクワクしますね。

いきなり大きなことは、誰しもできませんから、まずは自分から。

そして身近な周囲へ。

そのあと、みんなで良い地域を創っていきませんか。

ボディトリートメントのワークショップ

ただいま参加者募集中です。

大阪府 9/1-2大阪*土日開催「ゴッドハンド不要の簡単アーユルヴェーダ」

 9/16 東京都 9/16,30赤坂*日曜開催「ゴッドハンド不要の簡単アーユルヴェーダ」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です