ダイエット14日目

変わること、変わらないこと。

変わることが得意な人は、体にもその特徴が出ます。変わらないことが得意なひとも同様、体に出ます。

キープできる?

痩せたり太ったりしやすい人と、

痩せたままキープの人、

太ったままキープの人。

がいたら、これは3種類のタイプではなく、2種類なんです。

変化が得意な人か、そうでない人の2分類。

 

体質で蓄えやすい体か、そうでないか、つまり太りやすいかどうかを考えることに加えて、自分の変化に対する質を考えてみると、ダイエットもやりやすくなると思います。

変化の激しいひとは、体重もすぐ落ちるし、すぐ戻る。

変化が苦手なひとは、落ちるまでに時間がかかり、落ちてからもキープできる。

客観的にみたら、後者が理想的な印象があります。ウサギとカメでいえば亀さんの勝ち!みたいな。

でも、これさえも自分の持って生まれた素質なので、変化しやすさを受け入れて、変化しにくさを受け入れて、どう活かすかを考えていくしかないのですよね。

空の雲に、「止まって!」と言っても無理ですから。

ふわふわ漂うのが本質で、あちこちで雨を降らす仕事も待っている。笑

 

となると、

太りっぱなしでいいのか?ということではなく、

無理なく痩せるには、その変化のリズムに乗っていくということがポイントです。

揺れてもいいけど、増えすぎない減りすぎない、ちょっと減る方を多めが続けば、全体で見たら減っているようなリズムをとっていきます。

逆に変わりにくい人は、変化が出てくるまで時間がかかるので、根気が必要です。今は成果が出ていなくても、あるときグッと変わると信じて、コツコツゆっくりと。そうして出た結果は、戻りにくいのですよ。

ちなみに、わたしの体質は、変化しまくりの方です。

今日は3食

柿(フルーツの中で一番好き、2番はすいか)と白湯

くるみパンと目玉焼き&ブロッコリー コーヒー(昼なのに朝ごはんみたい)

ご飯、シメサバ(これも大好き)白菜の煮物、漬物

 

アーユルヴェーダ的解釈

変化しやすい私をバランスさせてくれるのは、甘み、酸味、塩味→柿、しめさば、漬物が好き=ぴったり!

バナナも合うはずなんですけど、あのモタっとした感じが子供の頃から好きになれません。乾燥体質なので、水分を欲しているんでしょうね。スイカとかね。

スイカは体温を下げるので冷え性には向きませんが、夏に食べるものだから、問題なし!

ちなみに、肉も甘味に入ります。体を滋養してくれるもので、変化ちゃんには必須です。

ベジタリアンですか?とか聞かれていたときもあったけど、肉がっつりです。

そうそう、アーユルヴェーダサロンをやっているから、何を食べているのかよく質問されていたのですが、

ほら、普通でしょ?

前は、もっとサンドイッチばっかり食べてました。

カフェ系ではなく、部活生みたいに、コロッケサンド、カツサンド、やきそばパンまで。。。笑

 

・・・漸次改善中です。

 

メール講座

気がついたら5kg痩せていた!アーユルヴェーダ7つの処方箋
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です