デトックス効果のある食べ物とは?

身体によいと言って思いつくものや、テレビで良いと言われて流行るもの、健康食品、健康法、巷にはたくさんの物とその情報に溢れていますね。


たとえば、今流行りの
炭水化物を抜くのが良い or 抜いたら身体に悪い
どっちなの?

とういうように、長期的に観察しないとその効果の真偽が分かりかねる物も多いです。

加えて、一般的には良くても「自分の体質には合わない方法」があるみたい。。となると、一体どうすればよいのか訳がわからなくなってきますね。

そんなときには、ある原則を知っていれば、「デトックス効果の高い食べ物」がわかるようになります。

デトックス効果の高い食べ物は味で知る

とてもシンプルなことですね。

アーユルヴェーダでは、食物の素材がもつ味を以下のように6分類します。

甘味、塩味、酸味、苦味、渋味、辛味

甘い味は、栄養の吸収に直結する味ですね。

甘味が脳に検知されると、消化吸収のための酵素が身体から分泌されて、必要な栄養を吸収していきます。

そして、生命維持が保たれるので安心感や幸せを感じるようになっています。

糖分も含めた炭水化物や蛋白質や脂質が甘味にカテゴライズされます。

逆に、苦い食べ物や渋味の強い物、辛い物は、排出を促す味です。

薬や毒物なども苦い物が多いですね。

ミネラルやビタミンなどを含んだ野菜類や、スパイス類などがカテゴライズされます

もちろん野菜にも甘味はありますが、一番強い作用を持つ味に注目するのがポイントです。

たとえば、非加熱の蜂蜜は、「渋味」が優勢です。

「はちみつだから、甘味じゃないの?」

と思われる方が多いと思いますが、水飴のような糖分が添加されているような蜂蜜は、甘味にカテゴライズされますが、プロポリスなどのような天然の抗生物質のような成分がふんだんに含まれる蜂蜜は、「渋味」にカテゴライズされます。

排出できる身体を作ろうと思うのなら、

「苦、渋、辛」

と口の中で感じられた食物を多く摂ればいいのです。

もちろん、味は複合的ですから、苦い物の中に甘味があったりします。

けれど、その複雑さが栄養の多様さでもあり、人の身体を作り機能を十全に働かせていくものとなるので、甘い味が含まれていても、積極的に摂っていくべきです。

栄養は、要素に分解しすぎると細かく分類して考えていきがちですが、そうなると要点が分からなくなりがちです。

ざっくりとあれもこれも含まれていて、どれもこれも必要なものは吸収されるし、不要なものは排出されるメカニズムになっている。

そのメカニズムを十全に働かせる栄養が不足していると、排出できない身体になっていく。(必要な栄養は身体がほしがる)

と自分の身体の機能を信頼して単純に考えると、物事も全て単純になっていくと私は思うのですが、、いかがでしょうか?

身体の機能は本来的には完璧で完全

わたしたちは義務教育を受けて育ち、「知ったから、学んだから、できる」というマインドセットを持っています。

けれど、そもそも生命というものは、知ろうが知るまいが自動的に続いており、生きるのも死ぬのも人の意志とは関係のないところで起きています。

生命は自動運動で繋がっていると言えるほどに、何も学習せずとも呼吸はできるし消化や代謝もできる自立的な機能を備えています。

傷ができれば、勝手にかさぶたができてそのうち治っていきます。

いわばその自動生命装置の命令の元、われわれの意志は動いているのではないかと思えてきます。

生命維持の危険があるときに、

「怖い、悲しい、つらい」などの情動が働いたり、痛みとして発せられたり

お腹が空いたから食べたいなどという生理的欲求として、脳に身体から指令が届きます。

完全完璧な生命システムが、思考にオーダーを出して身体を最善に保つようにしてくれているので、それに従っていけば、ほとんどのことは治まるところに収まっていくのです。

けれど、思考の逆襲は続いています。

意志と違うところにコントロールされたくない、とその生命のシステムを数学や物理や天文学を使って仕組みを理解し、模倣し、思考が生命をコントロールしようと懸命になっているかのようです。

運命に身を任せるのではなく、切り開いていくのが成長だとも考えています。

思考よりも遥かに優れたシステムを身体に持って、わたしたちは生まれてきているので、それを支配しようとせず、身体の欲求にこたえる形でその生命に乗っかって生きていく方がわたしは楽だと思いますが、この支配権争いに勝つか負けるか、闘わないかは、志向や価値観に委ねられるところでしょう。

もちろんわたしも不治の病になったら、病気に打ち勝ちたいですしね。

まとめ

栄養の話から、大分逸れてきましたが、要は

小賢しく頭で考えるより、

身体の機能に従っていけば、身体は良い感じになる、ということが言いたいのです。

そのためには五感や情動を大事にしていきましょう。

意志の力で、なかったことにしたり切り離すには、勿体ない情報がそこにはたくさん含まれているのですから。

 

このようなことをメルマガでも書いていきます。

よかったらご登録ください。

 

プレマ心と身体のデトックス通信
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です