ラマの高僧に会いにいく

今の自分にちょうどいい人が、目の前にいて、ちょうど必要な話をしてくれるとは聞きますが、

とっても良い話をお聞きしました。

珍しい出会いかもしれませんが、たまたまネパールのラマの高僧のお嬢さんとお話をする機会がありました。

その人は、内側からキラキラしていて、落ち着いてとても楽しそうなので、その秘訣を教えてもらいました。

 

他の人の価値基準に振り回されていると、ただ時間をやり過ごすだけで、何も残らない人生になる。

人生とは自分の内側からの欲求に則って、目の前のものに感謝して過ごしていくことだ。

そうしたら、少しずつ人生はよくなる

何事にも固執せず、中庸を保つということも何度もおっしゃっていました。

喜びすぎず、悲しみすぎず、他者をコントロールしようとせず、自分自身をコントロールする。

自己犠牲ではなく、常に人に与える(自分の10%を常に与える)

・・・以前のわたしなら、そんなのつまらないなぁ。。。と受け流していたかもしれませんが、アップダウンや波乱万丈の人生もいいけれど、内側からキラキラと輝いていくような、着実な幸せな人生に今は憧れます。

その方の周囲にいる人は、悲嘆にくれていたような人も、少しずつ変わって、実社会で大きな成功を収めていきます。

精神世界の話になると、手放しをして実世界では何も得られないように考えられがちですが、その人の意図してきた通りに人生は展開していくんだなと何名もの方のお話をお伺いして理解しました。

そして、無理にないものを得ようと人生と戦うということは、自分を過度に守りすぎたり、おろそかにして出過ぎることなのだなぁと実感しました。

わたしはジョーティシュ(インド占星術)も勉強していて、人生や運命の考え方にも興味があって学んでいる旨を伝えたら、

ジョーティシュをやるなら、瞑想もしているでしょ?と聞かれました。

・・・苦手なんですよね。未だに。

 

でも、やった方がいいのは、わかってきてはいます。

ネパールの高僧たちは、こういう音楽を聴きながら、瞑想をすることもあるんですって。

こういう土地で、こういう環境だったら、どんなにすごい瞑想状態を得られるんだろうかと想像します。

彼女の父上は、ダライ・ラマと同じ筋の僧侶で、輪廻転生を見通し、今世の問題やその回避の仕方も教えてもらえるみたいです。

と書くと眉唾ものかもしれませんが、

富や名声を求めず、何年も無償で多くの子供達の寝食の面倒を見て教育した、愛の中に生きていらっしゃる方です。

その行動自体が、本物のスピリチュアルだと思いますので、このご縁を生かして、ぜひお目にかかりたいと思っています。

ホテルのような滞在施設はなく、お家に泊めていただくことにはなるかと思いますが、

瞑想を一緒にしたり、アーユルヴェーダの体調の相談に乗ってもらえたりするそうなので、興味のある方一緒にいきませんか?

首都カトマンドゥからジープで4時間くらいの場所にあるそうです。

 

そういう予言は信じない方でも、その土地で感じとられることが全てだと思うので行く価値はあるかと思います。。

どんな旅行者もアレンジしていない場所なので、本物のピュアな体験ができそうです。

 

ところで、

内側を深く知る学びでもあるインド占星術のオンライン講座も

来月開催します。

ご一緒にどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です