人生の流れに乗るのに大事なのは、純粋性

不純って何が悪いんでしょうか。
好悪の問題なので、誰にも迷惑かけないよね、と思いがち。
でも、これって、人生の流れを阻害しているので、実は自分に不利なんですよ。

純粋性とは

心が澄んでいて、知性が正しく働いている状態を指します。(アーユルヴェーダより)

逆に不純ということは、濁りを指します。知性も誤って働きます。

そしてその心の濁りは、身体の粘液を増やして詰まりを作ります。

詰まりが、不調となって、それが続くと病気になります。

これは、人生の不調を意味します。

身体の流れの悪さは、人生の流れを悪くする

心が純粋であっても、何の得もしないと考えている方、大間違いです。

あなたが考える純粋性にも、濁りがあるのかもしれませんよ。

純粋であることは、結局自分の人生をよくすることなのです。

積極的に心と身体をデトックスして、純粋性を求めていきたいものです。

お知らせ

心と身体を両方からリリースして、純粋性を高めて人生があるがままに思い通りに流れていくようにお手伝いしております。

 

 

 

【無料PDFプレゼント】薬草オイルを効果的に使うメール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です