傷つくのは誰のせい?

わたしは小学校のホームルームの時間に、心について

「ボールのように壁に投げたら、跳ね返ってくる人」と

「シュークリームみたいに、壁に投げたら潰れてしまう人」がいるから

相手の気持ちを思いやるように、聞いたことを覚えています。

「相手の心が、ボールだったら投げてもいいけど、シュークリームだったら投げないでって事なんだな」

と当時は理解し、

わたしの心は、シュークリームだな~と思ったように記憶しています。

でも大人になってからは、解釈が変わりました。

傷つくのは、それを受け取るから

投げる方は悪気なく投げつけるのであれば悪くはない、シュークリームも皮を強くしなければならない、と大人になってから理解し始めました。

感受性を鈍らせろというのではなく、自分の解釈で自分を守れるようになるのが大人になるということですね。

もともと罪悪感があると、投げつけられた言葉を自分のことだと受け止めてしまうけれど、自己承認力が高ければ、仮に悪気を持って何かを言われても、全く気にならないのです。

「おほほほ、この私に何を寝ぼけたことおっしゃってるの」

となるか

「図星~~、痛いところ尽かれた、ひどい、傷つけられた~~」

は自分が選択できるのです。

自己評価が高ければ胸は痛まない

上記のオレンジの線のように、全部自分で受け止めていたら、たまったもんじゃありません。

ストレスレベルは上がり、とくに蕁麻疹とか皮膚の疾患になってしまうこともありますよ。

コミュニケーションの相性も大事

まあ、でも、いちいちチクチク嫌味を言うような人もいますからね。

そういう人をさっと避けられるか、ずっと対峙してしまうかは、やっぱり自分の受容器の問題だと言えるでしょう。

何でその人と関わってしまうかは、結局は自分の内面の問題なのです。内面をデトックスする目的があって出会っていると言えます。

コミュニケーションのスタイル

感覚的な話が得意な人と、ロジックが得意な人と、はっきりいう人と、まろやかに包み込んで言う人と。

合わない人とは、ずっと合わないです。

こういうコミュニケーションの相性って、占星術では水星の位置関係で見るんです。

相手の火星が自分の水星に、悪い角度でアスペクトしてたら、ちくちくやられるでしょうね。

結論

傷つくのは、自分の選択で、自己価値の高さが影響しているのだけど、相性もあります。

自分がどのようなコミュニケーションを取り、どのような人とは合うか合わないかもインド占星術でわかります。

メルマガで解説していきますので、よかったら登録ください。

貴女の魅力の本質を知るApsaraインド占星術メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です