同じ肌の症状も原因が違う

同じ湿疹でも、湿疹とともに

のぼせる

咳がでる

胃の調子が悪い

疲労感が取れない

など、他にどのような症状が出ているかで、原因が違うのがわかります。

例えば、原因が肝臓の疲れや働き過ぎに起因している場合は、次の食べ物をご参考になさってください。

肝臓の解毒作用を強める食べ物

なまこ、どじょう、あさり、あわび、たにし、ほたて、はまぐり、枝豆、アスパラ、小松菜、高菜、いんげん、さやえんどう、サラダ菜、春菊、ニンジン、ブロッコリー、ホウレンソウ、椎茸、かぶ、さつまいも、スイカ、いちご、イチジク、梅、なつめ、ハトムギ、緑豆、とうもろこし、よもぎ、など

同様に、

肺の働きを強める食べ物

くらげ、紫蘇、山芋、大根、春菊、百合根、蓮根、ゴボウ、かぶ、ほうれん草、白菜、ふき、ネギ、冬瓜、南京、白インゲン豆、梨、金管、銀杏、びわ、干し柿、ハトムギ、蜂蜜、ライチ、生姜、クルミ、アーモンド、白ごま、落花生など

 

腸の働きを強める食べ物

梅、にら、にんにく、納豆、くらげ、バナナ、プルーン、アロエ、タケノコ、ごぼう、キャベツ、大根、人参、白菜、レタス、じゃがいも、さつまいも、とうもろこし、ほうれん草、小松菜、もやし、大麦、ハトムギ、こんにゃく、ごま。。。。。

 

臓器の疲れは、健康診断などの数値に現れないレベルのものでも、

各身体のバランスとして崩れる場合には、不調として表れることがあります。

 

ご自分のバランスを知りたい方、メルマガがお役に立つかもしれません。

↓登録はこちらから

 

【無料PDFプレゼント】愛されすっぴん美肌になる~心も身体も内側からキレイに
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

「同じ肌の症状も原因が違う」への4件のフィードバック

  1. 先日は突然お電話でセサミオイルでマッサージした後かゆみが出る娘のアドバイス頂きありがとうございございました。その際、ドーシャをバランスする前に毛穴の汚れを取ることをまずしようと思い娘を誘い日帰り温泉で汗をたっぷりかいてもらいました。ピンダオイルをフェイスに塗布した後、約一時間スチームたっぷりの浴場で過ごしてらった後、やはりかゆみが出ました。肝心のローズウオーター忘れてしまいクールダウンできなかったからか、サウナに入ってしまって体を熱くしすぎたせいでしょうか?、、。翌日は痒みは収まりました。クシーラバラタイラはフェイスマッサージにも使えるのでしょうか?ピンダオイルは私には保湿効果がありよかったです。
    二ルグンダディオイルとは 通販で販売しているニルグンディというニンジンボクの入ったニルグンディオイルとおなじですか

    1. コメントありがとうございます。
      まずは、毛穴の汚れというより深部のアーマを取ることが大事かと思います。

      ローズウォーターは熱を鎮めるとともに水分での保湿をしてからオイルを塗布する方がかゆみがでにくいのです。
      もし仮に、セサミ以外のオイルで(たとえばココナッツなど)でかゆみが出ないのなら、セサミ自体が合わない可能性もありますね。
      クシーラバラもお顔につかえます。

      名前が同じオイルは基本的に同じ効能ですが、メーカーや製造国によって、若干違う印象を持たれると思います。
      うちで取り扱いのあるニルグンダディは、カファ性の吹き出物には向くようです。

      1. 早速有難うございます。体のアーマを取るのがやはりアーユルヴェーダの基本なんですね。娘の肌を二人で観察しながら食事、ライフスタイルについて納得してもらいながら学んだことをこれから一緒に少しづつ日常に取り入れて行くのが今の課題です。まず鳥の唐揚げ、マヨネーズ、スマホ大好き女子にせめてもゆったりとオイルマッサージの心地良さに身を委ねてリラックスしてもらう時間を作ってあげたいと思ってます。いつも2web参考にさせて頂いています。有難うございます。ココナッツオイル試してみます。

        1. 母は偉大ですね。頭が下がります。
          母性愛はこの世の最も美しいものの一つだと私は思っています。
          こちらこそありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です