夢を100個書けますか?

叶えたい夢を100個挙げようとしても、20個しか思いつきませんでした。

3日寝かせて、考えても出てこなかったです。

そんな中、お客様との心理セッションをしました。

あなたが心の底から欲しいもの

カウンセリングでお客様の話を注意深く聴いていくと、この人の望んでいることは、これなんだろうな、と予測がつきます。

「では、〇〇さんはどうなりたいんですか?」

とわたしは聞きます。

自分の意思表示が、未来を切り開くので、自分の頭で考えて自分の言葉で言っていただきます。

けれど、大抵

現状に対する不満や、被害にあっていることは、たくさん出てきても、いざ自分がどういうことを望んでいるのか、と言われると

「・・・・・」

おおよそ、抽象的な良さげな正論しか聞くことができません。

現状の、辛さ、悲しみ、残念な気持ちは、裏に隠れている人生に対する要望や期待や愛があるからこそ出てくるんですよね。

そこを汲み取って、言語化して

「〇〇で、△△で、XXな未来を望んでいるじゃないですか?」

とお伝えすると、大抵の人はしばらくの間、絶句されます。

その絶句って

「そんなことは望めない」「望んではいけない」「得られない」

と諦めて、辛くないふりをして心に蓋をしてきた時間の長さを表すのかもしれません。

しばらくの後きっと、頭が整理され、イメージが湧いたときに

顔がパーっと明るくなります。

自分の望みと合致するって、こういうことなんですよね。

偽らざる自分の本心と繋がれる瞬間に、頰はピンクになり瞳が輝き出し、その人の美しさが溢れ出てくるようです。

わたしが欲しいものは何なのか?

翻って、自分のことはというと、あと80個の宿題が残っています。

頭を振ってみても、ポンポンと叩いてみても、何も出てきやしません。

他人のことは、わかりやすいのに、自分のことはわからないものですね。

わたしが心の底から欲しくてしょうがないものって何なのだろう、先の未来に何を求めて生きているのだろう。

なんて、思うのです。

心理セッションのお知らせ

ボディのトリートメントなしのご要望も受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です