好きを叶えていく人生に

女性に優位な仕事

スピリチュアルセッションにて

誰かのイメージの中で、風鈴がチリンと鳴っていた。

風が吹き抜けて、また連続で鳴っていった。

その空間の静けさを分け合うような、波長が二つ。

でも、顔がよく見えない。

よーーーく見ると、それはオダギリジョーだった。笑

川島さんのスピリチュアルセッションを受けたら、夢を見た。笑

イメージが現実になる?

世の中の女性の仕事の中で、夢のようなものってあるのだろうか。

大抵は、補助的な仕事だったり、安い仕事だったり。

子育てと両立しようと思ったら、そういう仕事をするしかないのでしょうか。

もしくは、稼ごうと思ったら、男と競争して疲弊するようなものだったり。

もっと女性特有の感性を活かせて、自由で稼げる仕事あったらいいのにって思いませんか。

ちょっと個性を出しても良さげな仕事だったら、もっと楽しめるのにって思いませんか。

現実化しないなら、動くしかない

わたしは、若い頃はやりたい仕事なんて全く目の前になく、生きていくために条件が良いものの中から選ぶしかないと思っていたので、何年か会社勤めしときには発狂しそうになって昼間に公園をぐるぐる歩き廻っていました。

ぐるぐる、それはどんどん早足になり、廻り過ぎてバターになってしまうかと思ったほどです。

そこまで我慢しないでいいのに、好きなことすればいいのに、って今ならわかりますが、当時はやり方がわからなかったのです。

技術はあるけど、売り方がわからない人へ

https://resast.jp/page/event_series/40219

個別相談会を行なっています。

これから開業の人や、改善したい人へ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP