女性ホルモンのバランスを整えるリズム

月の満ち引きに合わせて、骨盤が開閉し、排卵と生理が起きることはご存知の方も多いですね。

この骨盤の開閉は、男性にも起きていて、生きとし生けるものは、全て地球のリズムに合わせて生命を紡いでいます。目

生理不順や月経困難の方は、骨盤の開閉がこのリズムに上手く乗れていない可能性が高いです。


開くとは緩むこと、閉まるとは締まることですが、現代人の生活スタイルには偏りが出やすいです。

緩む vs 締まる

現代社会では、時間に追われて仕事でも家庭でもタイトなスケジュールをこなしている方が多いので、きっちり締まることばかりで、緩むチャンスが少なく圧倒的に締まる方が優勢になってしまいます。

トリートメントに来てくださるお客様方は、

「深いところでリラックスできた」

と言ってくださいますが、

その緩んだ状態が、長く持つ人もいらっしゃれば、「またすぐに固くなってしまいました。」

と言われる方もいらっしゃいます。

締まることが悪いのではなく、開閉がスムーズにできないことが問題なので、もっと緩む方向にも進めないといけません。

締まった状態を「陽」だとすると、緩んだ状態は「陰」です。

生活に陽が多いから、もっともっと陰を足していかないといけないのです。

生活に陰性を足す

今お越しいただいているA様も

最初の月は、すぐに肩が硬くなっていたのですが、GWに連日トリートメントを受けてくださってしっかり緩んだいただいたので、

「疲労からの回復が早くなった!」とメールでご報告くださいました。

薬草自体が陰性ですし、身体を緩める行為も陰性、

濃厚な薬草オイルの直接的な働きかけで女性ホルモンがアップしてさらに陰性が高まっています。

身体を緩めることと薬草オイルを身体に追加することは、どちらも陰性を高めていますので、さらに食事でも緩めるような食事が良いでしょう。

ただし陰性に傾きすぎると、やる気がなくなったり逆にだるくなったりもしますので、バランスをみて行くのが重要です。

締まる食事なども取り入れながら(陽性の食品)うまくバランスをとっていきたいですね。

自分のバランスについて、確認したい方はサロンへどうぞ

プレマデトックスサロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です