好きを叶えていく人生に

季節も星も巡る巡る

人生の巡りは想定内?

今日は、暖かいですね。春が待ち遠しいな〜

次の季節は、どんな風?

と、星の巡りを見るのも、また楽しいですね。

一昨日の講座中に、西洋占星術を学んでいる受講生から、天王星が私の3ハウスに移動してきたことから表現が変わってきていると教えてもらいました。

はい、確かに! 

昨年の春先から、相馬一進さんにビジネスと心理学を学んでいて、コミュニケーションの取り方や、考え方、物事の捉え方が大きく変わりました。

天王星がちょうど3ハウスに入ったのもそのあたりらしく。おもしろーい。

以前のわたしは、どちらかというと、相手を肯定しまくるというポジティブなコミュニケーションを心がけていました。褒めたり全受容することが、人を伸ばすことだと信じていたのです。(そうやって育ってきたので)

ところが、相馬さんの慧眼に全てが覆る経験をこの一年してきて、以前より物事の成り立ちや道理に対して、細かく丁寧に扱えるようになりました。

平たく言うと、決めつけないようになりました。

つまり、一つのことがあっても多角的に考えられるようになったので、一喜一憂しなくなったり、人を断定したり否定することが少なくなりました。

そして、自分が良いと思って、してきたことや話ししてきたことが、ひっくり返り、支持できなくなってきたこともあります。

また、極端な事を言う人や巧みに人をコントロールしようとしている人が、以前はわからなかったのですが、明快に論理的にわかるようになりました。そうすると、さっさと視界から外せるので疑ったりする不要な時間もなくなりました。

加えて、必要なこととそうでないことを、切り分けられるようになり、希望的観測で、大丈夫だよ!と励ますのも、その人の時間を無駄にすることにも繋がり、よくないなと思えるようにもなりました。

とくにインド占星術の鑑定のスタイルも変わってきたかもしれません。

無理な願いは切り捨てて、有望な分野に時間を割くことを、はっきりお伝えするようになりました。

もちろん、本人が聞き入れる準備がなかったり、その器がないときに一方的には言わないよう配慮しているつもりです。

ようやく、甘々の励まし鑑定から卒業して、愛をもって厳しく接することができる大人になってきました。

甘々の人生からわたしも脱皮していくんですよね。

相馬さんのコミュニティーはハイレベルな頭脳集団なので、そのバックアップも受けながら、わたしもビジネスサポートに力を入れ始めました。

現実に取り組んで、精神的な成長を得られる一番良い機会がビジネスにあるとわたしは信じています。

ステップは一歩ずつ

理想を叶えるために、ブルドーザーのようにガガガと進める人もいますが、そうでない人もいて当然です。

それぞれ持ち味が違います。

それなのに、これまでは、自分のガツガツを淑女たちに押し付けていたかもしれないな、と反省しました。

そうして、巡り巡って自分のポジションに戻ってきました。

人生に喜びと充実感を味わいたい方への一歩目のご提供をすることにいたします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP