才能が伸びるとき

ランチェスターの法則って、ご存知ですか?

わたしは、最近読んだ本で、初めて目にしました。

ランチェスターの法則

これです

y=b+ax2

 

y 結果

b 経験

a 才能

x 努力した時間

 

物事の結果は、それまでの経験に加えて、もって生まれた才能と努力の2乗をかけたものだ

ということです。

 

努力の時間は2乗されるから、時間をかければかけるほど、ぐっと上に持ち上がる曲線になります。

あるときまでは、結果が見えにくいけど、あるところからぐっと2次曲線を描いて上に上がる図、イメージ湧きます??

 

ということは、、

→今結果が出ていなくても、もう少し頑張ったら、ぐっと伸びるかもしれない

→才能(a)よりも努力(x)の方が大事だということ(結果に影響を及ぼす)

 

それでですね、わたしも再び才能について、考えたんです。ホロスコープを思い出しながら。笑

 

以下の2つの式があるとして。

Y=1/3x2

Y=2x2

 

才能が違うと、全然曲線のカーブが変わってきますよね。

 

上は、なだらかな上昇曲線

下は、急角度で上がっっていく上昇曲線

かけた時間が同じだとしたら、自分の才能のある分野で努力するのが、一番いい!

当たり前ですけどね。。

 

それで、その才能の部分が 1と2 くらいの差だったら、努力xの方が大事になってくるわけですよ。

1と2くらいの差でも努力でカバーできるから、あまりに外れすぎていない分野なら

「やりたいことをやれば、いい!」

 

ちょっと興奮気味になってきましたので、まとめますと

 

現実的に結果を出すためには

1)才能があるところで、努力をする

2)才能がそう変わらないのであれば、努力の時間で大きな差が出る。

3)最初は結果がでなくても、あるときから急に勢いよく結果になる

 

わたしのライフワークというか、仕事の目的は

持って生まれた才能を最大化するサーポートをすることなんですが、

方法は何でもいいと言えばいいです。

 

多少できることがある中から、うまくできることで取り組んでいきます。

 

その一つ、占星術講座

対面講座はこれがラストです。本気で引っ越しするつもりなので、今後はオンラインで行う予定です。

 

 

わたしも望む未来へGO!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です