期待が大きい理由

先日、中1になった姪と2年ぶりに会ったら、会話の内容が大人で驚きました。

3歳のときには、「恥ずかしいから目をつむってご挨拶するー♪」と白目をむいてコンニチハを言ってくれた彼女が、こんなに大きくなって。。。笑

とっても嫌いの理由

中学校に入ったら、担任の先生が嫌な人だったんですって。

その理由が、頭の先から足の先、一挙一動足までに及ぶので、、

「そんな嫌いな人のことよく見てるよね。」

と言うと、

「だって、こんなんでこんなんでこんなんで」とまだまだ続く。

どんだけ好きなの?と伯母は思ってしまったけど、好きな先生は別のタイプみたいで、好きというわけではないみたいです。

小学校のときの先生方が、すごく面倒見の良いハートフルな先生ばかりだったのが、中学に入って少しシビアな印象に変わり、急に大人の世界に入ったようで戸惑いを感じたんじゃないかと思うのですが、

結局は、その嫌いの理由は裏返しの好きと言うより、「もっと優しくして〜」ということなんでしょうね。笑

 

嫌な人に注目しているとき

彼女のように、嫌いな人のことをものすごく着目して、1日の大半の時間、思考をその人で占領させているような大人もたくさんいます。

それって、ネガティブ思考とも言えますが、本来そっちが気になっているということなんですよ。

気になって気になって仕方がない

「だって、直接利害関係あるし、困るし、◯◯だし。。。」とやはり注目は続きます。

わたしが「境界線を引きましょう」とご提案すると

「いえ、なんとも思ってないですよ、はじめから切ってます。無視してます。」

・・・・・

極端すぎて、やっぱり意識しすぎじゃないですか。。。。。

大人として、必要なことにはちゃんと対応して、さっと嫌いな人との時間は終わらせるのが一番遠い関係になれますよね。

それなのに無視していると、もっと注意を引いてしまうし、物事が進まないので、そこでずっと嫌いな人と対峙しなければならなくなります。

それに、過度にその人にビクビクしたりするのと同じくらいのレベルで、無視するって怖がっていると思いませんか?

そうやって、周囲の状況をあーだこーだあーだこーだ

言っても何も変わりません。

「人を変えないで自分が変わる」のはわかっている、と心を閉ざすだけでは、自分も変わっていないし、状況も何も変わりません。

自分が何に嫌悪感を感じていて、その嫌悪感は裏返すと何を求めているのか

までわかると、大人としてちゃんとコミュニケーションが取れて、

状況はがらっと変わっていきます。

心理セッション

こんな感じで心理セッションを行っています。

わたしも女性なので、おしゃべり好きだし、愚痴を言って発散したい方ですが、もっと建設的に考え方が変われば、見えている世界が変わり、場面が変わり

愚痴を言う必要のない世界に移行できます。

それはすでに用意されていてあなたを待っている次のステージだと思いますので、今感じている自分の悪感情を自分の本当の望みへ導いてくれる指標として使っていきましょう。

あなたの本当の望みや望む世界を一緒に探していきましょう。

頭で理解するだけでなく、感情も一緒に解放できるボディトリートメントのセットのコースを作りました。

ボディラインも変わりますし、大変お得♪

http://detoxsalon-prema.com/wp/diet/

とくよの8原石を使ってお届けしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です