炎症ニキビの治し方~おでこや頬骨のあたりにできる

炎症を起こしている赤ニキビって、痛いし目立つし、手で触ると酷くなるし、憂鬱になりますよね。

市販で売られているニキビ薬は、アクネ菌などの殺菌成分が入っているものが多く即効性がありますが、薬を止めたらまた再発することありませんか?

もしくは薬があんまり効かないという人は、その外側のケアは一旦止めて内側からのアプローチを始めてみましょう。

内側からキレイになり赤ニキビを治す方法

まずはニキビのできている位置から、弱っている内臓を把握しましょう。

おでこや頬骨のあたりを中心にできている場合

肝の働きをバランスさせる必要があります。

  1. 内熱を収める(生野菜やフレッシュジュースを摂る)
  2. 血をさらさらにする(青魚や緑黄色野菜を積極的に摂り、軽く運動もする)
  3. ストレス発散する(自分を楽しませる、好きなことや物を増やす)
  4. お酒を控えめに

こめかみや顎のラインにできている場合

五臓で言う腎の働き=>女性ホルモンのバランスを整える必要があります。

  1. 身体を温める(お風呂に長時間入る、下半身をとくに温める)
  2. 精の付く食べ物を摂る(スパイスの効いた肉のスープやネバトロ食品を多く摂る)
  3. インディアンハーブの「ヘナ」で頭皮パックをする(子宮のデトックスをすると言われています)

 

それでも、中々改善しない場合はぜひサロンまでお越しくださいませ。

1ヶ月2名様限定で、お得な集中デトックスコースをご用意しております。

プレマデトックスサロン&スクール

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です