第一印象は何秒で決まる?

見た目が9割か…

ぱっと見たときに、その人の職業ってある程度、想像できること多くないですか?

先日、わたしは見た目と仕事のギャップがありすぎる人と会って、びっくりしました。

ある程度、仕事を続けてきた女性って、戦闘態勢が続いているから隙がなかったり、そういうモードの化粧だったり服装だったりしますよね。

外向きの雰囲気がある。

ところが、その方は、家の中にずっといたような雰囲気の方で、素人っぽさが満載でした。

素人っぽさってどういうことかというと、話しに耳を傾けてもらいにくいということなんです。

良いことをいっていても、聞く耳を持ってもらえないなんて、めっちゃ損してるな〜と思いました。老婆心ながら。

内側は外側にも現れる

随分前に、62歳の女性で役員に選ばれたという方が、お話しくださったことを思い出しました。

「綺麗にしていないと、誰がわたしの話しを聞いてくれるというの?」

そうですよね。

見た目から、顔つき、振る舞い、話し方に、その人の歴史と自信が見えました。

努力をしてきたからこその自信なのでしょう。

最初は外側からの自信で

全てが、素人っぽくなってしまう人は、自信をつけることも大事ですが、まずは外見から整えるのがいいのかもしれません。

どういう立場で、プロとしてやっていきたいか、服装や髪型をはじめ化粧も変えるのが早いですよね。

というわたしも、3年前に受けたファッションアドバイス、ようやく実行していこうと思い始めました。

ずっとサロンの内側にいて、外に出てなかった時期が長すぎました。

自分の何が持ち味なのかは、ファッションアドバイザーの方が的確に教えてくださること多いですよ。

カメラマンの方とかも、そうかも。ファインダーを通して、可能性を見つけてくれるような人って、プロだなぁと思いますよね。

内側からも外側からも本物志向へ

働く女性が、もっと自分の得意なことに誇りをもって、プロフェッショナルに生きられるように、応援しています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/premaschool


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です