自信のありか

1, 痩せたら自分に自信が持てる

2, 痩せていても自信がない

3、太っているから自信がない

4、太っていても自信がある

眺めてみると、一番下が最強ですね。

どんな自分でも大好き、最高!愛している!他人からの評価なんて気にならないもんね。ナオミさんみたいな人だと魅力的ですね。


思春期のころは、自意識が一生のうちでMAXになる時期ですが、その頃をずっと引きずって、自分がどう見えるかばかりを気にしていると、1-3もしくは4のふりバージョンを彷徨います。

外見と揺らがない自信は、真の因果関係ではないけれど、

わたしは、このままでいいんです。

っていうのも、自己正当化でしかなかったりします。

本当は、そのままじゃダメだと思っていても、ありのままのソングが頭を駆け巡り、自分の世界に引きこもる。

わたしもそういうところがあって、自分のことを批判してくる人には、この切れ味鋭い刀でばっさばさ切り返してきました。

その中で、諦めずに痛いことを言ってくる人がいて、

あんたなんか嫌い、最低、下品、消えて

と抵抗してきましたが、今では親友です。

聞く耳を持たないから、と諦めて去る人も多かった中、歯ぎしりをしながらも大嫌いだと思いながらも、仲良くなりました。

たぶん今も嫌いかな。話が全部合わない。。笑

でも、信用がおける人です。本音でごまかしのなく付き合える人だから。


翻って自分は、そこまで、ちゃんと人に向き合えているのか、先日は自分のフィードバックの甘さに落ち込み、珍しく眠れない夜を過ごし、過去に自分に刺さる言葉を投げてくれた人たちのことを思い出していました。

フィードバックのキツイ人たちの周囲には成長している人がたくさんいます。

はっきり言えない側も自分のことを守っていて、自分がどう思われるかを優先しているからできないのですよね。

傷つけちゃいけないのではなく、本人が傷つかないような大人に成長するように導かないといけないのです。

わたし自信の成長のときでもあるのですよね。真の自信を自分にも。

こんなワタクシですが、これからさらに本気のフィードバックを続けていきますよ。

https://peraichi.com/landing_pages/view/premaschool

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です