薬草オイルセルフケアは瞑想に使える

「瞑想って苦手。できない。。」

とずっと思ってきたけど、今朝、初めて出来たのかもしれません。

昨晩、長年自分の中でずっと疑問だったことに対して答えが出たのが嬉しくて

頭だけじゃなくて、身体全体に落としこもうと、今朝はセルフマッサージを実施しました。


薬草オイルをつけての瞑想

手順

1)まずは薬草オイルを頭皮にたっぷり浸透させ、頭がホワンとなったところで

2)音響の前に座り、身体用の薬草オイルをたっぷり塗布。

アーユルヴェーダの薬草オイルは濃いので、しっかり浸透するのに1時間くらいは置いた方がよいので、その時間で瞑想を試みました。

 

先日購入した倍音浴というクリスタルボールの演奏の音楽を大き目の音量でかけてみました。

 

すると、濃厚で強い薬草オイルが効いて音のビリビリと絡み合って、

そのうち何も考えられなくなり、

ビンビン頭に響いてきて、最後にすっと抜けた感がありました。

わおーーーラブ

道具使えばできるよ~~とは聞いていたけど、音とオイルって相乗効果があります。

正に整うってこういうことでしょうね。

皆様もお試しを。

 

ゾーンに入る

スポーツ選手や芸術家が極度に集中した状態をゾーンと呼ぶらしいです。

確かに目の色や目の表情が変わるのをみたことがあります。

変性意識状態とも呼ばれるものでしょう。

私の場合、その状態に入っているのかは自覚がないのですが、唯一身体から湯気のようなものが立ち上っているのが見えます。

普段は何も見えないので、その状態は私にとってのゾーンなんだなと最近は理解しました。

 body mind spirit が真我と繋がると、自分以上の力が出せたり願いが叶うと言われています。引き寄せとかシンクロニシティもその状態で起こるようです。

それでもできない場合

心身の健康をキープするためにも、願いが叶いやすい体質になるためにも、瞑想はやって悪いことはないしやりたいけど、それでもちょっとわからないという方は
ぜひサロンにお越しください。
ゾーンに入って施術を行いますので、面白い体感があると思います。
Keep it up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です