行動できないときは理由がある

頭でわかっているだけではなく、行動しないと何も現実は変わらないとよく言いますね。

「考えていないで、行動!」・・・すればいいんですけど、できない理由があるんですよね。

行動できない理由は、2方向から考えていくといいと思います。

心理的な防衛

過去に学習した出来事から、現在の状況もそのことに当てはめて考えて、躊躇してしまう心の葛藤などが挙げられますが、

これは、必ずしも悪いものではなくて、同じ間違いをしないための安全策であったり、同じように傷つかないための防衛策であったりして、自分を守るためには良い働きをしてくれることもあります。

けれど、その出来事がすでに過去になっているのに、まだ同じ防衛策を取っているのであれば、いつまでも同じ場所で、怯え続けることになっています。

魂レベルでも、まだまだ経験したいことが山積みに計画してきているのに、立ち止まっている状態と言えるかもしれません。

日常でも「このままじゃ嫌だな。。」と意識できているような状態なら、その行動をブロックしているようなところを特定して、排除した方がいいですね。

思い込みを外して、主観から離れて、別の視点を入れるような作業をしていくといいんです。

自分では中々難しいので、変わりたい方はご相談ください。

現実のスキルの問題

心理障壁よりも、現実的な技術が足りなくてできないことってありますよね。

たとえば、個人サロンをオープンしたい女性がいた場合、

セラピーやカウンセリングの技術は、比較的どなたも重要視していかれますし、そもそもやりたくて始めたことなので、すすんで勉強できるし、向いていてすぐに上手になることが多いです。

それとは、別にサロンをオープンする手続きを考えていくと、また別の話になりますね。ブログとかSNSの発信からはじめようかな。。という風になります。

でも、

「何を書いていけばいいのかわからない」

「自分はどういうお客様にどういうサービスを展開していけばいいかわからない」

「どうやったら、自分の活動が必要な人の目に留まるのかわからない」

「いいね!はもらっても実際の集客に結びついていない」

のであれば、これもスキル不足です。

 

通常、純粋に技術だけを提供したければ、どこかの経営母体にお世話になって、そこで働くのがいいです。

でも、セラピスト業界というのは、長時間労働、重労働になりやすく、それならば独立したいな、と考える人が多いのもうなずけます。

かといって、ビジネスを勉強するのは、億劫というか、そもそもそんなことをしたかったのではない!ということにもなりかねません。

 

わたしは、頭の中がいつも常夏のようなものなので、すぐに

「やっちゃえばいいじゃないですか〜」

「とりあえず、やっちゃいましょ」

というような発言をしてしまうのですが、なぜ出来ないのか、どこでストップしていてそれはどうやったら出来るようになるのか、の細かな分析が足りなさすぎたな、、、と過去の発言を反省しています。

大体において、セラピストになりたい人は、感覚が優位な方なので、PC作業が苦手だったり、どのように伝えていけばいいかわからないという方が多いようです。

わたし自身も、会社や数字を扱い仕事をしている方々と比べると、出来ない方になるのでしょうが、アイデアを巡らせたり、ビジネスの定石を学んだりすることが楽しいので、どんどん知識は増えています。

それでも、これを人にも提供するのか、、、と考えたら、正直大変だな。。とは思います。

けれど、わたしの次のステージは、自分だけがうまくやることではなく、人と繋がりそれぞれの得意なところを引き出しあって、有機的につながることかなと考え挑戦したいです。

それぞれ得意なことがある

ロミロミ、占い、鍼灸師、足裏マッサージ、エステ、世の中にはたくさんの施術やセッションがあって、それぞれが自分のテーマに沿ってそれに取り組まれています。

誰に何を提供して、どのようなことに取り組んでいきたいのか。

それぞれのセラピストが、独立自営で自分のサロンを育てていき、集客や営業のしくみはゆるーくプレマで繋がるというようなことを考えています。

9月にセラピスト講座を行います。

毎回、希望者の方に応じてカスタマイズしていく予定なのですが、

今回は、

9月スタート10月くらいを目処に((土日開催))で、

(薬草オイルトリートメント2日(初日のヘナはなし)(ビジネス講座2日))の内容を

5日感に振り分けて開催予定です。

わたしも!という方、ぜひお問い合わせください。

フォームはこちらです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です