手湿疹の対策

汗をかき過ぎて、肌にトラブル出ることありますね。

手湿疹とか、汗庖とか。

なんで汗が出過ぎるのでしょうね。

肝の疏泄作用

体液を肝が速やかに運ぶ作用を持っているのですが、その働きが亢進しすぎると、汗を書きすぎたり、肌のトラブルに繋がったりすると言われています。

つまり、汗疱や手湿疹は、肝の疏泄作用が亢進している状態だと考えられます。

よって対策としては、肝を制する必要があり五臓の関連を考えていきます。

金(肺)は木(肝)を制す

うちのサロンでは、このようなケースの場合、肝の働きすぎを抑えるために

肺の働きを良くするような薬草オイルを使っていきます。

⇨ニルグンダディを使います。

 食事

ご自宅では、肝の働き過ぎを助けるような食事を心懸けられるといいと思います。
苦い物がいいですよ。
野菜でも穀物でもお魚でも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です