アーユルヴェーダ薬草オイルのデトックス

アーユルヴェーダの薬草オイルを使ったデトックスサロンで毒素を出してパワーアップ。

アーユルヴェーダとは メニュー サロンの案内 お客様の声 予約フォーム リセット

アーユルヴェーダ概要

スリランカ
ゼロを発見した数学の国インドで、人々の叡智が集積されて生まれた伝統医療であるアーユルヴェーダは、現在WHO(世界保健機構)にもその効果の高さを認定されています。アーユルヴェーダは、自然のハーブを煎じたオイルをたっぶり体に塗りこんでいき、体内毒素を排出するのを第一目的としています。体に染み込んだ油が媒介となり、体内に溜まった有毒素を体外へ排出する役目を果たしていきます。インドでは主にアーユルヴェーダは予防医学の役目を果たしており、健康で若々しく長生きすることを助けますが、アトピーや関節炎、その他の難治性の病気も治療されています。更年期独特の症状や生理前症候群(PMS)の症状をやわらげたり、頭痛、肩こり、腰痛にも効くといわれています。
このページの先頭へ戻る | アーユルヴェーダの先頭へ戻る | メニューを見る

アーユルヴェーダ体質論

アーユルヴェーダは、宇宙創造の哲学をもとに生まれた生命(Ayus)の科学(veda)です。

5元素宇宙は5元素 パンチャマハブータ(水、地、火、空、風)によって構成され、人間の体も宇宙の一部、小宇宙とみなします。その5元素のエネルギーバランスで3種のドーシャ(カパ、ピッタ、ヴァータ)と呼ばれる生命エネルギーが作られると考えます。人の体質はこのドーシャのパワーバランスで、生まれたときに決定されると考えられています。

Vataヴァータ(風&空)
運搬エネルギーを司る
細身で、乾燥肌で体力があまりない方です。すばしこく頭が切れますが、気分が変動しやすい人です。
Pittaピッタ(火&水) 変換エネルギーを司る
中肉中背、熱い体と心を持ちます。理性的で、活発な人です。リーダー気質の方が多いです。
Khapaカパ(水&地) 結合エネルギーを司る
体型はぽっちゃりとして色白、潤いに満ちた肌と目を持ちます。のんびりゆったりした母性的な人です。

ピッタが優勢であれば、ピッタ型、ヴァータが優勢であればヴァータ型というように分類され、多くは混合型が見られます。生まれつき優勢なドーシャは最も乱れやすく、その乱れが体調不良を起こすというのが、アーユルヴェーダの考えです。当店では、各体質に応じたオイルを使用し、個別にトリートメントを進めて参ります。

このページの先頭へ戻る | アーユルヴェーダの先頭へ戻る | メニューを見る

アーユルヴェーダのオイルについて


アーユルヴェーダのオイルの多くはゴマ油がベースになっています。ゴマ油といっても焙煎していない絞ったままの白いものを使いますので、料理に出てくるようなごまの香ばしい香りはしません。
ゴマ油は古代から体に良い食べ物のうちのひとつとして珍重されてきましたが、現在でもゴマの抗酸化作用が体内の活性酸素を除去することが注目されています。
活性酸素とは体をサビさせて老化を引き起こすものですが、これを除去することで若返りの効果がもたらされます。
ゴマの栄養成分は食物として摂るよりも、肌から吸収される方が効率が高いことが知られています。
アーユルヴェーダがアンチエイジングに効果が高いといわれるのは、このゴマの効果によるものです。
ただ、ごま油は肌の弱い人にはかぶれることもありますので、代わりにココナッツオイルやオリーブオイルを用いることもあります。これらのオイルは肌の熱を下げ炎症を鎮めます。
アーユルヴェーダのオイルは、これらのオイルをベースに用途に応じて様々な薬草が煎じこまれています。
大地の恵が凝縮した若返りのオイルを体にたっぶり使っていくことで、細胞に元気を取り戻していきます。
当店は、スリランカの国営企業が作る高品質のオーガニックオイルを使用しています。化粧品として厚生省の認可済みの安心の品質です。
このページの先頭へ戻る | アーユルヴェーダの先頭へ戻る | メニューを見る

アーユルヴェーダでいう個性

アーユルヴェーダでは、その人が生まれ持った体質(ドーシャバランス)を「プラクリティ」と言い、それが乱れた状態を「ビクリティ」と呼んでいます。
西洋医学では統計をとったデータからどれだけはずれているかで、健康か不健康か、ひいては病気であるかが判断されます。
一方、アーユルヴェーダなどの東洋医学では、個人の全体像をみて、バランスがとれているかどうかを重視します。とくにアーユルヴェーダでは、生まれつきのドーシャバランスを保つと好調であると考えます。それが生活スタイルの乱れなどからバランスが崩れるとビクリティの状態になり、体の輝きも失われていきます。
たとえば生まれつきぽっちゃりタイプ(カパタイプ優勢)の人が無理に痩せてヴァータ優勢になると、カパの生まれ持ったみずみずしいもち肌が乾燥肌に変化したり、便秘気味になったりとヴァータのアンバランス状態が表に出てきてしまいます。
カパの優勢の人はしっとりとした肌のグラマラスな女性性が特徴です。カパがバランスした状態で十分美しいのに、他人との比較で他のものを求めるよりも自分の個性を輝かせて生かしていくことが賢明だとアーユルヴェーダは教えています。
絶対的な自己肯定の哲学がアーユルヴェーダにあると感じます。
このページの先頭へ戻る | アーユルヴェーダの先頭へ戻る | メニューを見る

マルマ

アーユルヴェーダで体の重要なエネルギーポイントをマルマと呼んでいて、「傷つきやすい」「敏感な」という意味です。マルマは中国医学でいうツボにあたりますが、ツボに比べて広範囲で針で刺したりせず、そこに掌で丁寧に刺激します。チャクラ
アーユルヴェーダのマッサージの手法は、インドやスリランカなど場所によって随分違ってきますが、当店の行っているマッサージはマルマを中心にロングストロークでゆったりと体に沿わせてオイルを浸透させエネルギーの流れを良くしていくものです。
中国医学では12本の経脈というエネルギーのラインが体に走っていると考え、その経脈上にたくさんのツボがあると考えます。
ケララ伝統のマッサージもこの経絡の考えと符号しているかのように、経脈のあたりに手を重ねて流していきツボのあたりを重点的に刺激するというものです。アーユルヴェーダが最古の医学といわれており、そこから後に中国医学も発展したと言われるのが実感できます。
中国医学は、体のポイントを詳細に分析しツボの効果を検証している高度な発展系の東洋医学です。各療法の良いところを取り入れるべく、ツボと経絡を意識しながらマルマの施術を行うのが当店のポリシーです。
このページの先頭へ戻る | アーユルヴェーダの先頭へ戻る | メニューを見る

舌の浄化

アーユルヴェーダでは、夜間睡眠中に皮膚や口腔内に体内の老廃物やアーマがでてくると考えられています。よって起床時に沐浴や口や舌の洗浄が必要といわれています。
朝起きて、自分の舌をチェックしていましょう。
舌苔がついていませんか?それは舌の表面の細胞や白血球などの垢、あるいは細菌の代謝産物、食物の糟が混ざってできたものです。
白い苔・・・カパとアーマがくっついたサーマ・カパ
黒い苔・・・ヴァータとアーマがくっついたサーマ・ヴァータ
黄色い苔・・・ピッタとアーマがくっついたサーマ・ピッタ 
起床後、これらの苔が見られた場合、どのドーシャが乱れているか判断でき体調を知ることができます。
これら舌苔の老廃物を除去して口内を清潔に保ち、さらに乱れているドーシャを鎮める食事を調整 していくことで健康な体を作っていきましょう。
このページの先頭へ戻る | アーユルヴェーダの先頭へ戻る | メニューを見る

体質の変化

アーユルヴェーダでは、3つのドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カパ)のバランスが生まれたときに決まるとされていますが、このバランスは年齢を経ることにも変化していきます。
優勢になるドーシャ
誕生〜幼少期 カパ 
青年期〜壮年期   ピッタ
中年期〜老年期   ヴァータ
ヴァータが優勢な体質はオイルマッサージが最も有効な体質です。
年齢が上がれば上がるほどオイルマッサージが体に不足しているものを補うという意味で、必要とされてきますし、効果も歴然としてきます。
30歳よりも40歳、40歳よりも50歳以上の方々に、ぜひご利用いただきより細胞から元気に綺麗になっていただきたいと思います。
このページの先頭へ戻る | アーユルヴェーダの先頭へ戻る | メニューを見る


ラサ(味)とヴィールヤ(エネルギー)

アーユルヴェーダは、ハーブの味は付随的なものではなく、その特質を表すものであると教えています。サンスクリット語で味を指すラサとはエッセンスという意味があり、味とは植物のエッセンスを表しその性質を理解するための第一要因となります。
アーユルヴェーダでは味を次の6つに分類しています。
@甘味 A酸味 B塩味 C辛味 D苦味 E渋味
ヴィールヤ とは、ハーブの持つエネルギー、効能、効力、薬力源のことであり、アーユルヴェーダでは、温性と冷性に分けています。ハーブは味を通して身体を温めたり、冷やしたりして、身体を活性化するという最も基本的な作用を示します。

温性:辛味、酸味、塩味 (ピッタを増大させる)
唐辛子や生姜などの辛いものを食べると体が熱くなったり、ワインなどの発酵製品の酸味が体を温めるという経験は多くあると思います。切り傷に塩分があたるとひりひりするのは、塩味の持つ熱性のためです。
冷性:苦味、渋味 、甘味 (ピッタを減少させる)
砂糖は体の灼熱感を中和します。また苦味と冷感は熱を下げ、炎症を鎮めます。渋味は収斂作用があり、冷却作用があります。
味には乾性と湿性の性質もあります。
乾性:辛味、苦味、渋味、(ヴァータを増大させ、カパを減少させる)
湿性:酸味、塩味、甘味、(カパを増大させ、ヴァータを減少させる)
以上を参考に、体調に留意して、毎日の食事の味付けに変化をもたせてはいかがでしょうか?
このページの先頭へ戻る | アーユルヴェーダの先頭へ戻る | メニューを見る

ギーの作り方

アーユルヴェーダでは、アーマ(体の未消化物)を排出させるために、ギーと白湯を摂ることを勧めています。
ギーとは日本ではあまり馴染みがないですが、インドでは食の優等生として重宝されています。
ギーは体にまったく溜まらない乳性脂肪で、たんぱく質などの不純物が一切除去された100%油分、言うならば蒸留バターです。 
水に溶ける老廃物と油分に溶ける老廃物を2段構えで排出するため、白湯とギーを多くとることが進められているのです。
 ここでギーの簡単な作り方を紹介します。
1)無塩バターを中火にかけ溶かします。
2)溶けて大きな泡がたつと弱火にして焦げないように煮ていきます。
3)白い細かい泡が出てきて、黄金色になったら火を止めます。
4)不純物を除くために、油こしなどでこしてできあがり!
できあがったギーは常温でも冷蔵庫でも保存がきき、6ヶ月を目安に使い切ってください。
温度が低いと白く固まりますが、夏場の常温ならばさらさらの液状で保てます。
ギーはトーストのバターの代わりに使ったりお料理に使うとGOOD!
ぜひお試しください。
このページの先頭へ戻る | アーユルヴェーダの先頭へ戻る | メニューを見る

白湯のすすめ

アーユルヴェーダでは、アーマ(未消化物)の蓄積が病気のもとになると考えています。
たとえば関節炎は、アーマが関節に長年蓄積した結果の症状としてとらえられます。
体を健康に保つためには、体にアーマを蓄積しないようにする必要がありますが、どうしても通常の生活でアーマは体に溜まっていきます。
体に溜めずに流していくために勧められているのが白湯です。
1日に4〜7杯の白湯をとることが最も良いとされており、特に朝いっぱいのお白湯は便秘を解消する上でも有効です。
体が重いなあ、肌の調子が悪いなあと思われる方は、一度お試しください。一ヶ月ほどで体の変化が出てくると思われます。
このページの先頭へ戻る | アーユルヴェーダの先頭へ戻る | メニューを見る

HOME | デトックス方法について l メニュー |Apsara占星術セッションサロンの案内 l お客様の声 l
予約フォームブログ|セラピスト養成講座

 本サイトの文書、画像、その他ファイルは、弊社の許可なく配布、掲載することを禁じます 
 Copyright(C) 東京アーユルヴェーダ*プレマデトックスサロン*自由が丘・奥沢All Rights Reserved.