喜びの多い人生

喜びの多い人生は、多分チャレンジの多い人生のことだと思う。

そこに失敗やときには涙、たくさんの感情も生まれて陰影が深くなるから、人生も深くなり、喜びも深くなるのかも。

安全で、安心で、平穏で、何気ない幸せを感じ、

このまま永遠に続いていく、予定調和な毎日よりも、たまに変調しても、自分らしく熱中できるものを私は求める。

それは、やり過ごし、あきらめ受け流してきた時間があったから、自分がそれを求めていることがわかった。

もっと活きる人生にするには、どうすればいいのか、そうやって手を伸ばして高いところの果実を掴めるようになるには、、

打ち込めるものがある人生、毎日が生きている実感と喜びに満ちた人生を選べるように、現実を直視して受けいれて努力していこう。

趣味に没頭するのもありですが、

仕事にして、周囲に影響を与えて、さらに大きくエネルギーを回していきたい人を応援しています。

みんな老後がくる

みんないつかはシワシワになる。美容整形でひっぱっても、腕とか足とかもうしょうがない。。

ただの老けたおばさんか、皺の一本一本に魅力があるような人になるか。

今の行動が大事。

体や顔のお手入れも大事だけど、それをしている行為の先にあるものが大事だと思う。

みんな毎日毎日、老けていく、

毎朝鏡を見て、ため息をつくのではなく、白髪の一本一本も愛おしいと思えるような人生にしたい。

それと同じくらい、他人にことも労われる人になりたい。


酵素生活2ヶ月目

肌が綺麗になっている

これって、わたしの肌だったの?

というくらい、全身の細胞が蘇ってきたような、、といえば大げさでしょうか。

めちゃくちゃ嬉しいです。

妙高山の野草酵素、すげ〜。

去年あたりは、背中からお尻にかけての肌の調子が最悪で(アトピーっぽい症状)、もう考えないようになっていたくらいなんですけど、年末に目が腫れたのをきっかけに酵素ドリンクを飲み始め、

え?もしや?完治?

このままいくと、目どころか、ひどかった肌荒れも嘘のように綺麗な肌になりそうです。

腸が綺麗になっている

肌だけじゃなく、なんだか頭が冴えてきた気がします。

とくに脳の老化を感じていたのが、(物忘れ、集中力がない、動き出すまでノロノロ)も減ってきて、たくさん以前より仕事をしている気がします。

なので、予定をいっぱい入れて、忙しい。

つまり、そんなに食べる時間がないので、また痩せてきた♪

一度、酵素を飲んで代謝がよくなり、食欲が旺盛になってきた〜とバクバク食べていたんですけど、そもそも食べる時間がそんなにあるのって。。。w

優先順位を完全に間違えてた。。。笑

そして、頭が良くなったように、感じるのは、多分、酵素ドリンクを飲んで腸の善玉菌が増えて、腸がすっきりしたことによるのかもしれません。

都市伝説レベルの話かもしれませんが、腸の菌を採取したら、犯罪者には一定の傾向が有意にみられたとか。

つまり、腸内環境は、性格に影響を及ぼすという実験結果らしいです。

眉唾情報なのかもしれませんが、確かに、便秘が続くと頭も気分も冴えないし、そういうことかもしれませんね。

酵素ドリンクを飲んでよかったこと

  1. 全身の肌の潤いが増した!
  2. 体調がいい(体温があがり、腸がすっきり)
  3. 思考力が増した(気がする)

ご紹介

これまで数種類の飲んできた酵素の中で、ダントツに優れものの酵素ドリンクをご紹介させていただきます。

定期購入だとお手頃に、長く続けていただきやすいです。飽き易いわたしもこれだと続くかも。実感がありすぎて。

プレミアム酵素MAP+のご購入はこちら

便利なスティックタイプもおすすめです。これは美味しいから、ついつい何本も食べたくなちゃいます。

プレミアム酵素Cure100 濃縮練りのご購入はこちら

東京だけ違う

わたしは、関西出身の人間なのですが、東京が好きで15年ほど住んできましたが、このたびお隣の神奈川県に引っ越しました。

関西人からすると、神奈川も東京みたいなものだという印象なのですが、実際に住んでみると全く違いますね。

23区以外は、みんな地方というか、「地元」なんだと思いました。

東京はコスモポリタンの街だ〜と前よりももっと好きになりました。サロンも海沿いに引っ越しですか?と聞かれるのですが、今のところその予定なしです。

赤坂でサロンワーク、神田で講座などをやっています。今後は、新宿あたりでトリートメントの講座も予定しています。

お客様によると、昔はもっと面白いお店が多かったらしいのですが、赤坂は飲食店が豊富で、活気がありますね。

卵かけ御飯のお店があったり専門店が多いです。笑

一方で、定着したコミュニティも温かく好きです。

若い子に手作りクッキーをもらったら片面はチョココーティングされてました。

ナイス、バレンタイン。

ローカルなつながりに心地よさを覚えながら、同時に同調圧力を邪推して恐怖してしまうところもあるのでした。。笑

似たような感覚をお持ちの、ママ友、地域や親戚の価値観、いろいろあって個性が出しにくいという方に、おすすめなのは、自分の価値観にあった、日常とは別のコミュニティに入るということです。

そうすると、圧力も分散して、にっこり受け流せます。

感覚を使った仕事をしたい方には、こちらがオススメ。

https://peraichi.com/landing_pages/edit/64868

退屈な人生

つまらないのは、評論家や物見遊山の話を聞くとき。

昔話の手柄を延々と聞くとき。


その話の中に苦悩があり、喜びがあり、希望がある今の体験にこそ価値があって、それ以外の他人の話を延々と聞いたところで、ただの時間の浪費だと思う。

酒の肴にもならない。

格好つけようと熱く語ったとしても、嘘はバレるし。

熱い情熱は、そんな簡単などこかから借りてきた言葉を連ねて語れるのか、疑問だわ。

一方で、楽しい会話には、ペイソスが入る。

軽快なジョークのセンスの塊とはこういうことなのに、どうしようもないシャレの連発にもヘドが出る。

うちの顧客のキャリア女性が救われないのは、気の利いた会話ができる男性の絶対数が少なすぎるということころにあるなあ。

全く違う業種だとしても、多くの頭の良い女性方の憂鬱は、ほとんどここに帰結しているようだ。

だから、日本を出るのね。

残った女性は、どうするのか。希少種の素敵な男性の争奪戦に参加するか、シェアするかだとしたら、後者になっても仕方がないのかもね。。。

さあ、どうしよう?

その苦悩にこそ、価値があるのかもしれず、、

安易に折り合いをつけたり、解決しようとしないところに面白さがあるかも。

答えなし。

いや、それが答えだ。

続きは、メルマガで。

フローの状態

強制されなくても、やり続けられるものはいくつもあるかもしれませんが、それをやっているときの集中力が、尋常ではなかったり、時間の感覚がなくなったりするような状態を心理学でフローの状態と言います。

その状態に入ると、スキルも挑戦意欲も上がり、完全にのめり込んで、物事の成果が得られやすい特徴をもっています。

あなたは1日のうちフローの状態に入ることはありますか?

集中力が高まっているときと違うの?と疑問に思われる方は、まだそのフローの状態を経験されていないのかもしれませんね。

わたしも好きなことはいくつかあって、それぞれレベルの差があります。

ブログやメルマガをなどの文章を書くことは、まあまあ好きで、書いている間は集中力が高いです。けれど、フローの状態に入っているとは言い難いものです。

では、もっとフローの状態になっているものとは??

人にそれの何が面白いの?と聞かれるようなことで、自分だけが楽しみを見出しているようなことも、強みや特技が趣味趣向が入っていてフローの状態に入っていそうです。

私の場合、商品の仕入れのタイミングや量のコントロール、どのくらいの消費が予測されるからそれに対してどのくらいを仕入れる、というのは、考え始めると止まらないんです。他人から見たら、へ??と思われるかもしれませんが、かなりツボです。

面倒くさそうだな〜と他人は思うかもしれないけど、、わたしは、それに囚われるくらい熱中してしまいます。

けれど、それもフローの状態とは言い難いんです。

ただの熱中です。たられば、たらればを思考が続けていて、止まらないだけという感じで、止めないと疲れるんです。

では、わたしがこれは自分のフローの状態だなと思うときというのは、、、笑

もったいぶるようですが、恥ずかしくて言えないような瑣末なことです。

わたしは、自分でも変な別スイッチが入って別人のようになることがあることを大学生の頃にはじめて自覚して、それは今でも時々起きます。なぜ気がついたかといえば、友人グループが「でた!」という反応をくれていたからです。

いわば、一人演劇状態のときです。次から次にフレーズが出てきて、ノリノリになって、自分の中でイメージが膨らむ瞬間があるんです。

これが発生する条件っていくつかあって、詳しく書くとつまらないので割愛しますが、努力とか頑張るとは別次元の状態で、絶好調で楽しくて、時間の感覚もなくなって、気がついたら周囲が幸せになっています。

学生のとき、彼氏に振られてこの世の終わりだとうなだれていた友人の前で、わたしはバイト先に断りの手紙を書いていたんです。そこで、ちっちゃな演劇が始まったのですが、その泣いていた子があとで、生きる希望がないと思っていたのに、思わずくすっと笑ったら急に場面が変わって救われたと言ってくれました。

わたしは、全く励ますつもりなかったんです。

手紙を毛筆にするか筆ペンにするか、普通にボールペンで書くか悩んでいただけです。笑

あと、芸術系の友人もそれを目ざとく見つけてくれて、よく一緒に舞い踊っていました。

多分フローの状態です。

これを使う仕事の状態にできると、すごいことが起こるのですよね。

多分、施術のときにもこういうのは使っているかもしれませんね。発動条件が満たされないときは、できませんけれど。。愚痴を聞きすぎると力が入らなかったりしますし。。。

実際に舞い踊るってことでもなく、やっていることは、ストーリーメイキングだったりします。それも短編で、三文小説ならぬ五文レベルなんですけど。

次から次に言葉が出てきて、楽しくなる感じ。

ちょうどコピーライトを考えているときとか、その人の特徴を言葉にするときなどなど、短く練るほど、フローに入るようです。

だから俳句が好きなのかも。

で、このわたしの好きなこと、仕事に使わないのは、もったいないので、コンセプトメイクとか商品作りに使い始めました。

施術も続けてますよ。

よかったらご利用ください。

女性の仕事

誰かのイメージの中で、風鈴がチリンと鳴っていた。

風が吹き抜けて、また連続で鳴っていった。

その空間の静けさを分け合うような、波長が二つ。

でも、顔がよく見えない。

よーーーく見ると、それはオダギリジョーだった。笑

川島さんのスピリチュアルセッションを受けたら、夢を見た。笑

世の中の女性の仕事の中で、夢のようなものってあるのだろうか。

大抵は、補助的な仕事だったり、安い仕事だったり。

もしくは男まさりの、論理ガチガチで子宮に不調でるほどのものだったり。

なんかもっと女性特有の感性を活かせて、自由で稼げる仕事あったらいいのにって思いませんか。

ちょっと個性を出しても良さげな仕事だったら、もっと楽しめるのにって思いませんかね。

わたしは、若い頃はやりたい仕事なんて全く目の前になく、生きていくために条件が良いものの中から選ぶしかなかったので、何年か働いたときには発狂しそうになって昼間に公園をぐるぐる歩き廻っていました。

ぐるぐる、それはどんどん早足になり、廻り過ぎてバターになってしまうかと思ったほどです。

バターになる前に、こちらにおいでください。

セラピスト仲間を募集中

https://peraichi.com/landing_pages/view/premaschool

集まったら綺麗

一本でバシッと決まる花もあれば、集まったら綺麗な花もあるよね。

無個性な花の集まりでも、集まったら個性的か。。。

そもそも個性って、経験の積み重ねの発露であるから、経験が少なければ出しようがわからないし、出てこないから、最初は集合体で咲いておいて、一人成長しすぎちゃったら、一人オンステージになってもいいのかも。

どこかの花グループに入る。

それがいいのかもね。目立たなくていいし。

変態性

本当の変態は、自分のことを変態だとは言わない。

ある種の純粋性をもって、天使のように、その変態性を発揮する人を何人も見てきた。

普通の人がどう頑張っても、どう奇人のように振舞っても、それは誰にも真似できず到達できない領域を持っている人を、変態で唯一無二の人という。

偽物は、良識的で品行方正で、聞き分けが良い。

周囲を困らせ、辟易とさせ、無力感でいっぱいにしながら、同時に希望を与えるような人が、わたしは特別な存在だと思う。

それ以外の普通の人が、特別になろうと思ったら、努力するしかなく、

そうして、キラキラ輝いて、全てがうまくいって、幸せに満ちた平凡を生きればいいのだ。

おざなりの型通りの個性を、なんで欲しがるのだろう。

他人から認められなくていい。ある意味、困らせればいいのだ。

季節も星も巡る巡る

今日は、暖かいですね。春が待ち遠しいな〜

次の季節は、どんな風?

と、星の巡りを見るのも、また楽しいですね。

一昨日の講座中に、西洋占星術を学んでいる受講生から、天王星が私の3ハウスに移動してきたことから表現が変わってきていると教えてもらいました。

はい、確かに! 

昨年の春先から、相馬一進さんにビジネスと心理学を学んでいて、コミュニケーションの取り方や、考え方、物事の捉え方が大きく変わりました。

天王星がちょうど3ハウスに入ったのもそのあたりらしく。おもしろーい。

以前のわたしは、どちらかというと、相手を肯定しまくるというポジティブなコミュニケーションを心がけていました。褒めたり全受容することが、人を伸ばすことだと信じていたのです。(そうやって育ってきたので)

ところが、相馬さんの慧眼に全てが覆る経験をこの一年してきて、以前より物事の成り立ちや道理に対して、細かく丁寧に扱えるようになりました。

平たく言うと、決めつけないようになりました。

つまり、一つのことがあっても多角的に考えられるようになったので、一喜一憂しなくなったり、人を断定したり否定することが少なくなりました。

そして、自分が良いと思って、してきたことや話ししてきたことが、ひっくり返り、支持できなくなってきたこともあります。

また、極端な事を言う人や巧みに人を扇動しようとしている人が、以前はわからなかったのですが、逆に明快に論理的にわかるようになり、さっさと視界から外せるので疑ったりする不要な時間もなくなりました。

必要なこととそうでないことを、切り分けられるようになり、希望的観測で、大丈夫だよ!と励ますのも、その人の時間を無駄にすることにも繋がり、よくないなと思えるようにもなりました。

とくにインド占星術の鑑定のスタイルも変わってきたかもしれません。

無理な願いは切り捨てて、有望な分野に時間を割くことを、はっきりお伝えするようになりました。

もちろん、本人が聞き入れる準備がなかったり、その器がないときに一方的には言わないよう配慮しているつもりです。

ようやく、甘々の励まし鑑定から卒業して、愛をもって厳しく接することができる大人になってきました。

甘々の人生からわたしも脱皮していくんですよね。

相馬さんのコミュニティーはハイレベルな頭脳集団なので、そのバックアップも受けながら、わたしもビジネスサポートに力を入れ始めました。

現実に取り組んで、精神的な成長を得られる一番良い機会がビジネスにあるとわたしは信じています。

口ばっかり、理想ばっかりだと、お勉強だけしていればいいのでね。

女性も自分で稼いで、自分で幸せになりましょう。↓↓↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/premaschool