あるがままの自分をどうやって認めるか

「○○じゃないと愛されない」

この○○って人によって、さまざまな思い込みがあって、自作自演のドラマになっていることがほとんどです。

その悲劇か喜劇かわかりませんが、思い込みのドラマが、身体の症状に出たり人生の出来事で起こしています。

貴女の○○に思い浮かぶことはなんですか??

思い込みに気がつく

若くないと愛されない

太っているから、女として見られない

肌が汚いから、嫌われている

優秀じゃないから、バカにされている

・・・・

 

わたしの○○は、長らく

弱くて正しい

でした。やんちゃな自分を見せたりはっきり物を言ったら、途端に嫌われるから、か弱い自分を見せて慰めてもらい正しく振る舞い認めてもらおうと、無意識のうちにしていました。

本当は、崖によじ登ったり、海に飛び込んだり、誰もみていなくても、歌って舞い踊って本当に無邪気なあほで、パワフルなんです。

スイッチが入ると止められない、でもそんなことしたら、引かれちゃう嫌われるという思い込みがあり、

それをカバーすべく、賢そうにしてみたり、何でも自分でやって良妻のふりして、

もう大変です。

違う自分になろうと必死でした。

 

「あなたみたいな、面白い人間、どこ探してもいないよ!」と笑っていてくれた人たちが、わたしの本当の味方で仲間だったのに、その人たちにもふと我に返って

「わたしは違うの!本当のわたしは、もっと賢いの、色々できちゃうのよ!」なんてアピールしてガツガツ仕事して、疲れ果てた結果、離婚して今に至ります。

本当は素の自分を愛してもらっていて、その無邪気さでパワフルに進んでいれば、うまくいっていたのに。。。あぁぁ、ばかだった。

条件がクリアできたら満足できるか

自分を否定したいのが無意識の目的担っていると、

「痩せたら、わたしは認められる」と思っていても、痩せてもリバウンドします。

今の自分じゃだめな理由がほしいから、また戻るか、別の理由を次々にみつけようとしていきます。

「アトピーがあるから、わたしは人○○に見られている」

も同じです。

 

仮に、痩せたら、自分に自信が持てるのでしょうか?

肌荒れがなくなれば、本当に自分は素晴らしいのでしょうか?

 

よく考えてみてください。

 

症状はなくなった方がよいけれど、自己否定しているうちはその否定が身体に現れるので、消えにくく自己矛盾を起こしているので、症状は消えていかないのです。

そのままでいいとわかる

ちなみに、ぷんぷん怒りん坊だった、わたしに

「そのままで変わらないで、ずっとそのままでいて。」

と言ってくれた人がいて、怒っているわたしでもいいんだ、と思ったと同時に怒りが消えて、変わったんですよね。

変わらないでと言われたら、すぐに変わってしまったんです

 

なので、わたしは言いたいです

「痩せないで!」

「肌荒れそのままで!」

うちのサロンでは、自分の中にある、才能や素晴らしさに気が付いていくために、トリートメントをしています。

あなたの汚い部分を削ぎ落とすためにしているのではないのです。

そのままの貴女でいるから、あなたはもっと力を発揮でき、魅力的に輝いていきます♡

そのままでいいのだなと、身体で理解し、安心できるようなトリートメントをしてまいります。

無意識で納得するために

頭でわかっていても、無意識に自己否定してしまうのは中々やめられないかもしれません。その無意識に身体からアプローチしていきます。

心と身体のデトックスサロンプレマ

で身体を緩めて、あるがままの自分に開かれていくボディセッションを行っています。

あなたの解放をお手伝いします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です