脂漏性湿疹の自宅ケアの方法

脂漏性湿疹に悩まされている方、増えていませんか?
わたしは最近よく伺う悩みだと感じています。

湿疹→皮膚科に行く→その場は治る→薬を止めたら前より酷くなっていた

と言うお話もよく聞きます。

薬がすべて悪いとは思わないけれど、症状を抑えて快適になっている間に原因を解消しないと、薬を止めたらまたぶり返すのは当然だろうなと思います。

脂漏性湿疹の原因

1.皮脂腺が詰まって、脂っぽくなる

2.身体の内側が乾燥して、過剰な皮脂が分泌され脂っぽくなる

上記2つが脂漏性湿疹の原因と考えられますが、どちらも対策は薬草オイルと洗い方で対応できます。

1.シャンプーやボディソープを変える

合成界面活性剤を除くスタイルを心がけます。

石鹸やナチュラルな成分100%のシャンプーやボディソープを使用します。

泡立たなくても良い方は、ハーブシャンプーもおすすめです。
ハーブシャンプーとは、洗浄成分サポニンが含まれている、ハーブで髪や頭皮や身体を洗うことで過剰な皮脂は取れて潤いも保持できます。

ソープナッツやシカカイと呼ばれるハーブが洗浄成分を持ちます。

ネットで販売しているので、検索してみてください。

わたしは長年石鹸シャンプーを使ってきたのですが、元来髪がごわついているのにさらに硬くなってしまい、その間はおしゃれを楽しむことができませんでした。

今は、髪が滑らかで艶やかになるナチュラルシャンプーを見つけて落ち着いています。

自分に合ったスタイルで、毛穴を詰まらせない洗い方をみつけたいですね。

2.ハーブ入りオイルで頭皮をマッサージする

毛穴に詰まった脂は、油で落とす!

脂は油に溶けますので、頭皮にオイルを塗布して軽くマッサージします。

ハーブ入りのオイルなら効果倍増です。

数種類のハーブが髪をしなやかにしたり、頭皮に浸透して内側からしっとりさせる働きをするので、上述の2つの原因をどちらもカバーできるからです。

たとえばこちらのハーブオイルは、18種類のハーブが含まれたアーユルヴェーダ処方のオイルです。

薄毛の方にも人気がある商品です。

頭皮の詰まりをとり、頭皮から栄養を浸透させて、正常な新陳代謝を維持できる頭皮を育てるので、毛根にも良い影響を与えるのかもしれません。

(使い方)

一週間に2,3回のペースで、シャンプー前にオイルでマッサージして10分~1時間ほどそのまま置き、シャンプーで洗い流す。

オイルで頭皮マッサージを続けると、頭皮が柔らかくなり、血行がよくなるので顔色も明るくなっていきます。

髪のコシや艶も出るようになりますので、良いことずくめです。

ハーブオイルが手に入らない場合は、焙煎していない白ゴマオイルやココナッツオイルで頭皮マッサージするのもお勧めします。

ハーブオイルでも、ピュアのセサミオイルやココナッツオイルでも頭皮がしっとりするくらいの量を使います。

目安としては、500円玉サイズくらいを手にとります。

どうぞお試しください。

サロンご案内

頭皮のケアだけでなく、五臓のバランスが整うことで、過剰な皮脂の分泌を防ぐことが可能です。

当店ではアーユルヴェーダの薬草オイルを使った、全身のオイルトリートメントを行っています。

体質改善を考えていらっしゃる方、一度お試しください。

プレマデトックスサロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です