赤ちゃんみたいな肌を作るための3つのステップ

30代後半から突然あらわれてきたシミや皺。

乾燥が激しくなり、吹き出物も出てきて、急に肌の衰えを感じました。

肌質が変わるタイミングは人によって違いますが、どの年齢層にも言える加齢に負けない赤ちゃんみたいなモチモチ肌を作るための方法を、今日は3ステップでお伝えします。

赤ちゃんみたいな肌を作るための3つのステップ

保湿は、洗顔時で決まる

肌が乾燥すると、まずは保湿を考えるのが自然ですね。

洗顔後に良質の水分と油分をたっぷり加えることは、みなさんお分かりの事と思います。

けれど保湿で一番大事なのは、実は洗顔なのです。

クレンジング時や洗顔時に、しっかり汚れを落とすことは大切ですが、同時に上質な保湿成分が洗浄成分とともにあることが、肌の水分量を決めると言っても過言でありません。

洗顔時に強引に皮脂や汚れを落とすと、肌のキメを乱し、肌本来が持っている保湿機能を損なう可能性があるからです。

しっかり落としながら潤いを持たせるクレンジングや洗顔料は、天然成分がたっぷり入ったものを選ばれるとよいでしょう。

食事の間隔を大切に!

お腹が空いていないときに食べ物を摂取すると未消化物が残り、粘液が増えて、代謝を乱します。結果、老廃物も増えて、浮腫みや肌のくすみの元にもなります。

この食事の間隔は、何を食べているかよりも重要視した方がいいです。

いくら「良い」食事を摂ったとしても、それが身体の害になる状態で摂ったのだとしたら意味がありません。

血糖値が高いままで次のエネルギーを取るとインスリンが多く出て、脂肪にかえて 溜めこみ過ぎになりますし、

胃腸が休まる暇がないくらい次々に食物が入ってきて消化を続けないといけない状態では、容量オーバーになり、吸収できずに出てしまう可能性も出てきます。

「良い」食事が「良い」栄養とならなず、もったいないことですね。

 

お腹がしっかり空いてから次の食事をするために、

食事の間隔を5~6時間と決めて、1日のスケジュールを組んでいくのもよいでしょう

仕事の都合で規則正しく食事が取れない場合は、食べ過ぎるより抜いて調整することを心がけましょう。

追加するより排出せよ

汚れたコップにどんなに良質の水を注いでも、コップの水は汚れてしまいます。

同様に高価な化粧品をいくら加えても、体内が汚れていては残念ながら効果も半減することでしょう

体内をキレイにするためには、色々な方法がありますが、断食をするのも一つの良い方法です。

消化吸収に割いている身体のエネルギーを、排出や細胞の修復に充てることができるので、断食後に身体は驚くほどすっきりします。

ただ断食に向かない体質もありますので、注意して行ってください。

断食に関する注意事項は、当方のメルマガでも情報提供していますので、ご参考になさってください。

オイルトリートメントの直前に断食をすることも、デトックス効果を高めてくれます。

逆に老廃物が身体に溜まっている状態でオイルを身体に入れても、身体の粘液が増えて、免疫力が落ちることにもなりかねないので、注意が必要です。

まとめ

もちもち肌を作るのは、まずはちゃんと汚れを落とすこと、摂りすぎないことが大事
つまりデトックスをしっかりすることが大事なんです。

部分的に表れているような肌の問題も、身体全体をデトックスしていき解決していきますが、これはアーユルヴェーダの理論に則っていて、結局は健やかで美しい身体を創ることに繋がっていきます。

わたし自身、肌の調子が悪いと気が付いた30代後半から5年が経ちましたが、最近の方が肌に潤いが増して、ますます調子はよくなってきています。

年齢を重ねるほど、溜まったものを捨てる行為を一生懸命しなければならないということかもしれません。

プレマデトックスサロン&スクール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です